原価管理の自動化サービス

© 2020 KOSKA corporation

多品種少量生産を行っている製造業の皆様に向けて、生産管理に必要な現場の見える化、収益性の判明と改善につながる原価計算を一気通貫に行うIoTサービスです。

What's GenKan?

 GenKanとは

ガントチャートで工場全体の進捗を把握

ガントチャートによって、進捗を表示し、どの工程にどれだけ時間がかかっており、どのくらい人が稼働したのかも把握できます。

見積もり工数と加工費が実際と

どのくらいずれていたのかが出荷時にわかる

見積もり価格と実際原価のズレを把握

リアルタイムに状況を見える化

取得した情報は全てWEB画面からリアルタイムに確認することができます。

2 .

カメラで作業員を自動で検知し、 実働時間を取得

工程が映るようにカメラを設置し、作業員を自動で検知します。実際に稼働した時間を自動で取得することができます。

​  サービス料金  

✔︎ RFIDセンサー

✔︎ 人認識カメラ

✔︎ IoT通信機器

✔︎ 初回導入講習

​初期費用

✔︎全てのダッシュボード機能

✔︎全ての情報へのアクセス

✔︎通信費用

✔︎継続的なサポート

基本料金

月額 

48,000 

7工程まで

✔︎ 1工程あたりセンサ2台まで

​工程追加料金

月額 

3,000 

1工程追加ごとに

お問い合わせ / 資料お申し込み

詳細な資料、営業からのご説明に加え、原価の専門家によるご相談も承っております。
お気軽にお申し込みください。

1 .

RFIDで作業開始/終了時間を記録

各工程のそばにRFIDリーダを設置し、RFIDタグを貼った作業指示書などをリーダの上に置くだけで、作業開始、 終了時間を記録できます。

センサを追加設置するだけでOK

小型のセンサを追加で設置するだけなので、環境や手順に大きな変更を加えずに設置でき、
現場の負担は最小限でシステムを導入できます。

2 .

カメラで作業員を自動で検知し、 実働時間を取得

工程が映るようにカメラを設置し、作業員を自動で検知します。実際に稼働した時間を自動で取得することができます。

3.

ガントチャートで工場全体の

進捗を把握

各工程のそばにRFIDリーダを設置し、RFIDタグを貼った作業指示書などをリーダの上に置くだけで、作業開始、 終了時間を記録できます。